×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

■早弾きができるギタリストになれるか・・それは【練習法】が左右する■

どんな弾き方【技】を練習するのか明確にする

 
ロッカーまず、ギターの早弾きの練習法と言っても、オルタネイト・レガート・
スキッピング・プリング・ハンマリング・スウィープ奏法タッピング

などなどギターの技は多種多彩。

いきなり全部挑戦するとなると、必ずといっていいほど壁に
当たってしまうので、一つづつ理解しながら練習するのが理想ですね。

一つ一つは短いプレイでも、それを繋げていくことによって
強力なフレーズが完成します。練習すること(お題)を明確にして
積み上げていくイメージで練習に励みましょう。

強力なフレーズを作り上げる練習法

アイコンこちらをチェック!

早弾きに最適なギターを選ぶ


早弾きしやすいギター

では早弾きに最適なエレキギターはどんな種類があるので
しょうか。プロのギタリストを見ていると、その傾向がわか
ります。

元MR.BIGのポールギルバートは超高速ギタリストで有名ですね。
彼はアイバニースのPGMシリーズのギターをかなり使用していました。


アイバニーズといえば彼を思い出す方も多いです。
上の画像の白いギターがそのタイプです。
弦高がとても低くセッティングできるので早弾きをしやすい
また音の伸びが良いなど定評があります。

Paul Gilbert - Technical Difficulties 【音量にご注意ください】



 


また、スウィープ奏法などを多用するイングウェイマルムスティーン。
彼は画像の下のタイプのギター、ストラトキャスターを愛用しています。
早弾きにもっと磨きをかけるため、フレットにはスキャロップド加工
を施して弾きやすくしています。クラシカルな曲をロックで弾くと
いうプレイでも有名です。

Yngwie Malmsteen  【音量にご注意ください】


 


あと人気のレスポールタイプは重い・ハイフレットが弾きにくい
などといった理由で早弾きには向いていないという意見が多くあります。

全体的に見て、弦高を下げて調整する・重くない・フレット全体が
弾きやすい、弦は細めを利用したほうがいい、ピックは硬いものを
使用するといったところがポイントになります。

練習する環境を自分なりに整える


ギター早弾きを練習するにあたっての大事なこと。
練習環境ですね。自宅で練習することが多いと思うのですが
テレビをつけっ放しであったり、近くに人がいて集中できなかったり
しないように自分が練習しやすい環境を作ってくださいね。

あとは寝不足も集中できないので気をつけてください〜。

実際に練習するときはギターをアンプにつなぎ
歪ませた(セッティング)した状態で練習するのをオススメします。

効果的な教材を利用する


【ギターチュートリアル〜コンプリートエクササイズ集〜】とは

早弾きしやすいギターそして最大のポイントとなる練習法についてですが、ギター早弾き練習はある意味自分との戦いみたいな感じにもなりますよね。

そして難関だらけで挫折してしまうといったケースも少なくありません。
今までそのような経験のある方は思い出してみてください。
バンドスコアを見て挑戦してみたけれども、まったく弾けなかったでーす。
テンポについていけませーん。
早すぎて何をどうやっているのかわからなかった。

なんか有名プレイヤーがピロピロ弾いているだけで内容も薄く、伝わりづらい教則ビデオ・・
結局・・・自己満ビデオだよね〜これ・・
などの不満や疑問もったまま、早弾きを断念している状態だったりしません?

このギターチュートリアル〜コンプリートエクササイズ集〜は
■テクニカルエクササイズ集
■タッピングエクササイズ集
■スウィープエクササイズ集

の3編で構成されてあり、プロがプレイしている怒涛の技、トリックを
解明し、習得することができます。

特徴として

動画とタブ譜を同時に見れる


わかりにくい教則本や教則ビデオを見るより何倍もわかりやすく
練習効率がアップします。あちこち見る必要がなくなります。
練習のやり方において重要なポイントです。

動画をアップ(拡大)にして見ることが可能


これもギターチュートリアルならではの強み。
動画をアップにして見ることによって早い指の動きや、ピッキングの動きも
確認しながら練習することができ、疑問が解消できます。
疑問が解消されたとなれば上達もスピードアップです。
全体、右手、左手の映像があります。

動画のスローテンポにも対応


私的にこれはイイ!!と思うギターチュートリアルのすごい特徴。
スローテンポに対応はギタリストさんにとってとても嬉しくないですか?
自分には無駄な動きがあったんだと発見させてくれたり、
「1ピッキングで4つの音を出しているんだ」など
細かい分析まで出来てしまいますよ。
全体、右手、左手の映像があります。

数々の特典付き


ギターチュートリアルコンプリートエクササイズ集には
たくさんの特典がついています。
一部を紹介します。

クラシック曲のギター譜集
「そうそう、こういうのが弾きたかったんだ」と一度は思うクラシカルな曲。
ギターがわからない人に聴かせてあげても「すごーい!」ってなります^^
自分のプレイをyoutubeなどにアップしてみるなんかも面白いかもしれませんね^^

期限無制限の徹底メールサポート
これも嬉しい特典ですね。万が一わからないことがあればどんどんメール
しちゃってください。しっかりお答えを返してくれますよ!
メールですから気がねなくできます^^

ギターチュートリアル〜コンプリートエクササイズ集〜はこちらから



今なら当サイトより
ギターチュートリアル〜コンプリートエクササイズ集をお買い上げのあなたに
特典と致しまして【イングウェイ奏法解説】動画を差し上げます。



 


ギター早弾き練習法として大事だと思う部分を書いてみました。
私自身ギターを弾きますが、やっぱり環境や選ぶもの、やり方に
よって上達できるかどうか変わってきますよね。
共感していただければ幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました^^